株式会社ベネフィットワン・ヘルスケア ー 健康で明るい未来を創る ー
HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

特定健診・特定保健指導とは?

平成20年4月から、40歳以上75歳未満(年度途中に75歳に達する人を含む)の被保険者および被扶養者を対象として、メタボリックシンドロームの予防・解消に重点をおいた、生活習慣病予防のための新しい健診・保健指導が実施されています。
これを「特定健康診査(特定健診)」・「特定保健指導」といい、各医療保険者は実施が義務づけられています。

特定健診・特定保健指導の目的は?

これまでの健診・保健指導は「病気の早期発見・早期治療」を目的としていました。
特定健診・特定保健指導では、内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)に着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための保健指導を行い、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群を減少させること(病気の予防)を目的としています。
生活習慣病は自覚症状がないまま進行するため、健診は個人が生活習慣を振り返る絶好の機会と位置づけ、行動変容につながる保健指導を行います。

特定健診と一般の健診との違いは?

一般的な健診は、個々の病気の早期発見・早期治療を目的にしたものでしたが、特定健康診査は、メタボリックシンドロームに着目した健康診査です。内臓脂肪の蓄積を把握することにより、糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病の予防を図ることを目的としています。よって、検査項目にメタボリックシンドロームの診断基準で用いられる腹囲の測定が必須(ひっす)項目であることと、総コレステロールの測定から動脈硬化に大きく関係しているLDL-コレステロールの測定に替わったこと、の二つが変更されました

特定保健指導の選定基準は?

特定保健指導の対象者は健康診断の結果から、一定の基準で選定されます。
メタボ指導ともいわれるくらいだからメタボリックシンドロームの基準と同じと思われがちですが、実は特定保健指導としての選定基準があります。お腹周りでセーフと思っていてもBMI(体格を見るための指標)、喫煙の条件も加わり、血糖値の条件も少し厳しくなっています。
特定保健指導は以下の基準に基づいて選定されています。

ご存知ですか?

メタボの診断基準と保健指導の選定基準は違います!

特定保健指導は、生活習慣病の予防を目的としています。
予防効果を高めるために、メタボの診断基準より厳しい基準となっています。

メタボリックシンドロームの選定基準

特定保健指導の選定基準

特定保健指導の内容は?

特定保健指導は、特定健康診査の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、生活習慣を見直すサポートを行うものです。専門職(管理栄養士、保健師、看護士)と面談で対象者さま個々人の生活習慣を振り返り、対象者さまが無理なく、ストレス無く、継続実施可能な食事や運動などの個別の行動目標を設定します。その後6ヶ月間、電話、e-mail、FAXなどで継続的にご支援します。
また、特定保健指導は、リスクの程度に応じて、「動機付け支援」と「積極的支援」に分類されます。その種類により継続支援の頻度は異なります。

特定保健指導を受けないとどうなる?

特定保健指導は、加入者ご本人に利用を義務付けられたものではありませんが、受けない場合は、ご自身の生活習慣を見直す機会を逃してしまうことになりますので、なるべく積極的な利用をお願いしています。
是非この機会に特定保健指導を受けて、生活習慣を改善し、生活習慣病を予防して、生涯健康を手に入れていただきたいと思います。

お電話での資料請求・お問い合わせ 03-6417-9981

インターネットからの資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせフォームはこちら

パートナーの皆様へ|特定保健指導ならベネフィットワン・ヘルスケア

pagetop